慢性炎症がおこると鉄欠乏に

ブログをご覧いただきありがとうございます。

静岡市駿河区のパーソナルトレーニングジム

I.S.C. labの杉山です。

日常的につらい症状が続く貧血。

貧血と一口に言っても

・鉄欠乏性貧血

・巨赤芽球性貧血

・溶血性貧血

といった種類が様々あり

鉄不足だけが問題ではありませんでした。

今回はその中の

『鉄欠乏性貧血』

について深堀していこうと思います。

鉄欠乏性貧血は

その名の通り鉄不足によって起こる

貧血になります。

貧血は鉄不足だけが問題じゃない

って言っときながら、

鉄不足が原因の貧血からなんかい

という突っ込みが聞こえてきそうですが...笑

実は鉄欠乏性貧血は

鉄サプリなどで鉄を摂っても

良くならないことがあります。

鉄が足りないと聞くと

鉄の摂取量が足りないと考えがちですが、

『慢性炎症』によっても

鉄不足が起こってしまいます。

腸(リーキーガット)や肝臓(脂肪肝)で

慢性炎症が起こると、

肝臓から「ヘプシジン」という

ホルモンが分泌されます。

このヘプシジンが腸からの鉄の吸収を

阻害してしまいます。

こうして鉄をいくら摂っても

なかなか吸収されず、

鉄欠乏性貧血になってしまいます。

貧血となると鉄の摂取量に

目が行きがちですが、

こうした吸収ができていないことが

問題となるケースも多くあります。

※鉄に限らず、消化吸収の問題はすべての栄養素に共通して言えます。

これはこうという固定観念で

物事を判断しがちですが、

柔軟な思考を常にもって

判断していきたいものです。

体験お申込み

  • 体の痛みや取れない疲れなど慢性的な不調がある方
  • 何をしても痩せずお悩みの方
  • 健康的に続けられるダイエット・ボディメイクがしたい方
  • 競技力向上したい方
  • 姿勢や歩き方が気になる方

これらの不調、お悩み解決いたします。
お気軽に体験お申込みください。