様々な不調の原因、慢性炎症とは?

ブログをご覧いただきありがとうございます。

静岡市駿河区のパーソナルトレーニングジム

I.S.C. labの杉山です。

「朝起きれない、常に疲れを感じる」

などの慢性疲労や

「息切れする、ふらつく」

などの貧血症状まで

慢性炎症は様々な不調の原因となりえます。

最近では、慢性炎症について

触れている方も多くいるので

なんとなく言葉は聞くし、良くないこと

という認識はあるけど

なんだかよくわからないという方も

多く見られます。

そもそも炎症とは

外からの様々な刺激によって

体に良くない変化(組織の損傷)が起こることで

その刺激から体を守ろうとする

防御反応です。

この守ろうとする反応が

腫れたり、熱を持ったり、痛みがでたり

といった形で体に現れます。

多くの方が経験し自覚があるのは

捻挫した際の腫れなどの

急性の炎症です。

急性の炎症は

急激に炎症反応が起こり、

基本的には早期に炎症は収まります。

これとは反対に慢性炎症は

損傷は少なく炎症の進行はゆっくりだけど

なかなか回復せずにじわじわと持続してしまっている

状態になります。

つまり、慢性炎症は

どこかしら体がダメージを負っている状態が

ずっと続いている状態ということです。

体がダメージを負っていたら

そりゃなにかしらの不調は起きますよね...

この慢性炎症の厄介なところは

わかりやすく、「腫れや痛みがでない」

ので原因が特定しづらく、

自分がなっているのかどうかわからない

というところです。

そのため、多くの方がなんでかよくわからない

「疲れやすさ、朝の起きれない、ふらつく」

といった不調を抱えて、

なかなか改善しません。

またそれだけでなく

・認知症

・うつ病

・心血管疾患

・癌

・2型糖尿病

・アレルギー

・喘息

といった疾患とも関連性があるので

本当に気をつけていきたいものになります。

今もこれからも健康で快適な暮らしを送るには

慢性炎症の改善、予防が必須になる

ということですね。

体験お申込み

  • 体の痛みや取れない疲れなど慢性的な不調がある方
  • 何をしても痩せずお悩みの方
  • 健康的に続けられるダイエット・ボディメイクがしたい方
  • 競技力向上したい方
  • 姿勢や歩き方が気になる方

これらの不調、お悩み解決いたします。
お気軽に体験お申込みください。