下がらないコレステロールには食物繊維


ブログをご覧いただきありがとうございます。

静岡市駿河区のパーソナルトレーニングジム

I.S.C. labの杉山です

beige egg inside a white bag

油ものや高カロリーな食品は避けるように心掛けているのに

なかなかコレステロールが下がらなかったりしますよね。

その原因は食物繊維不足によるものかもしれません。

まず基礎知識として、

コレステロールは胆汁酸の生成や、ステロイドホルモンやビタミンDの原料になる

なくてはならないものです。

低すぎもよくありません。

コレステロールは体内に約120g~150gあると言われいます。

そのほとんどは胆汁酸が小腸から再吸収されたもので、

食事から吸収されるコレステロールは約200㎎~600㎎とかなり少ないです。

つまり、

食事を改善しても下がらないコレステロールは

胆汁酸の再吸収がされすぎてしまって、排泄できていないことが

原因の可能性があります。

この胆汁酸の再吸収を抑えて、適切に排泄するには

食物繊維が重要となります。

特に水溶性食物繊維は高い吸着力を持ち、

コレステロールの対外排泄を促してくれます。

まずは、コレステロールを下げるためには

高脂質、高糖質な食事を改善することが大切ですが

それでも下がらないという方は

食物繊維をしっかり摂るように意識すると

下がってくるかもせれません。

体験お申込み

  • 体の痛みや取れない疲れなど慢性的な不調がある方
  • 健康的に続けられるダイエット・ボディメイクがしたい方
  • 競技力向上したい方
  • 姿勢や歩き方が気になる方

これらの不調、お悩み解決いたします。
お気軽に体験お申込みください。