腸内カンジダの除菌は慎重に!

ブログをご覧いただきありがとうございます。

静岡市駿河区のパーソナルトレーニングジム

I.S.C. labの杉山です。

ここ数日、腸内の話題が続いていますが

もう少しお付き合いください。

小腸内で増えすぎたカンジダは

様々な不調を起こします。

不調の寛解には

カンジダを除菌して

通常の数に減らすことが必須となります。

カンジダを除菌する時は

最終的にはクレンジングといって酵素サプリを使って

バイオフィルムと言われるバリアをはがして

仕留めていきます。

しかし、このクレンジをいきなりやってしまうと

ダイオフを引き起こしてしまいます。

ダイオフとは

カンジダが死滅する際に

アルデヒドやアンモニアなどが放出さることによって

発熱、異常な眠気、吐き気、湿疹、頭痛、ニキビ、慢性疲労感

などなど、多くの不調が出てきてしまいます。

いきなりクレンジングをすることで

これらの症状が一週間ほど続くこともあり

それに耐えれらなくなってしまい、

しっかり除菌できないなんでことも

多くあります。

このダイオフが起こらないためには

①バランスのとれた食事

②抗菌ハーブや抗菌オイルを用いたプチファスティング

③クレンジング

といった順序で行う必要があります。

カンジダの症状に悩まされて除菌したのに

それ以上の症状に悩まされる。

そんなこともありますので

除菌の際は慎重に!

体験お申込み

  • 体の痛みや取れない疲れなど慢性的な不調がある方
  • 健康的に続けられるダイエット・ボディメイクがしたい方
  • 競技力向上したい方
  • 姿勢や歩き方が気になる方

これらの不調、お悩み解決いたします。
お気軽に体験お申込みください。