なぜ花粉症になっちゃうの?

ブログをご覧いただきありがとうございます。

静岡市駿河区のパーソナルトレーニングジム

I.S.C. labの杉山です。

気づけば今年もあと2ヶ月ほどとなりました。

年が明け少し暖かくなってくる3月ごろになると

花粉症の季節がやってきます。

花粉症は慢性炎症の改善や

必要な栄養素を充足させることにより

症状を緩和することができます。

症状の緩和するまで体が変化するには

3〜4ヶ月ほどかかりますので

今のうちから花粉症に対する知識を知っていただいて

来年の花粉症に備えていただければと思います。

というわけで、

今回はなぜ花粉症が起きるのか

というところにフォーカスして

お話ししていこうと思います。

(また別記事で症状を緩和するための記事も載せますので、少々お待ちください)

花粉症の症状は

異物である花粉が体の内部に侵入して

体の中の免疫システムが働くことが

発端で起こります。

体の中の免疫システムは

・自然免疫

・獲得免疫

の2つあります。

花粉が体内に侵入してきた初めは

自然免疫が働き、花粉を体外に出してくれます。

その後、自然免疫から情報をもらい、

獲得免疫が抗体を作り、

次同じ異物が入ってきた際に

すぐに対処できるように備えます。

花粉症の場合はこの獲得免疫が過剰に反応し

抗体を大量に作って異物を体外に出そうとする結果

異常なまでの目の痒み、鼻水、くしゃみ

などの症状が出てきてしまいます。

つまり、症状を緩和するためには

体内に侵入させないように

『粘膜の強化』と

免疫細胞が過剰に反応しないように

『免疫細胞の制御』が

必要になります。

次回はどうすれば

・粘膜の強化

・免疫細胞の制御

ができるのかについて

お話ししていきます!

体験お申込み

  • 体の痛みや取れない疲れなど慢性的な不調がある方
  • 何をしても痩せずお悩みの方
  • 健康的に続けられるダイエット・ボディメイクがしたい方
  • 競技力向上したい方
  • 姿勢や歩き方が気になる方

これらの不調、お悩み解決いたします。
お気軽に体験お申込みください。