乳製品が不調の原因に!?

ブログをご覧いただきありがとうございます。

静岡市駿河区のパーソナルトレーニングジム

I.S.C. labの杉山です。

blur calcium close up dairy

乳製品と聞くと、どんなイメージがあるでしょか?

多くの方は体にいい、カルシウムが摂れる

乳酸菌などをイメージすると思います。

しかし、

乳製品が慢性疲労感や貧血などの

不調の原因になっているかもしれません。

乳製品には乳糖と呼ばれる糖質が含まれています。

乳糖は小腸でラクターゼという酵素によって

分解されて吸収されるのですが

日本人の成人の多くはラクターゼが少なく

分解吸収がうまくいかず下痢になってしまうことがあります。

下痢になってしまうと

腸内環境も悪くなり、栄養の吸収もうまくいきません…

乳製品をとって便が緩くなったり

下痢をしてしまうのが日常になると、

栄養の吸収がうまくいかないので、

低栄養状態になり慢性疲労などに

陥ってしまいます。

また、牛乳は鉄の吸収を阻害する作用があったり

カルシウム過剰によりマグネシウムが排泄されてしまい

マグネシウム不足に陥ることもあります。

鉄・マグネシウム不足になると

エネルギーとなるATPを作ることができず

慢性疲労に繋がってしまいます。

また鉄不足になると貧血などの症状もでてきてしまいます。

このように

一見体にいいようなイメージのある乳製品ですが

不調の原因になる可能性が多くあるので

食べる際には注意が必要です。

体験お申込み

  • 体の痛みや取れない疲れなど慢性的な不調がある方
  • 健康的に続けられるダイエット・ボディメイクがしたい方
  • 競技力向上したい方
  • 姿勢や歩き方が気になる方

これらの不調、お悩み解決いたします。
お気軽に体験お申込みください。