視覚に頼りすぎていませんか?

ブログをご覧いただきありがとうございます。

静岡市駿河区のパーソナルトレーニングジム

I.S.C. labの杉山です。

selective focus half face closeup photography of female s green eyes

日常生活において

5感から受け取る情報は

8割以上が視覚と言われています。

しかし、

安定した姿勢を保持するために使われている感覚は

視覚:10%

体性感覚:(圧力や腕の位置など体の形状を感知するセンサー)70%

前庭感覚(三半規管など)20%

このように

受け取っている感覚は視覚がすごく多いですが

姿勢に関してはそれほど使われていません。

ですが、現代の座りっぱなしや

PCやスマホを長時間みる生活だと

前庭や体性感覚が鈍くなっていきます。

そうなると

情報が足りないので

その分視覚で補おうとします。

視覚で補っていても

最初は姿勢がすぐに崩れたりなどはなく

それまでと変わりなく生活ができてしまいます。

ですが、

その生活が長期に続いてしまうと

バランス能力が低下したり

慢性的な体の痛みを招いたりします。

特に眼精疲労や首肩のコリ、痛みなど

首周りに関するトラブルは起きやすいです。

現代の生活はどうしても視覚に頼りがちなので

積極的に前庭や体性感覚と刺激してあげることが大切です。

体験お申込み

  • 体の痛みや取れない疲れなど慢性的な不調がある方
  • 健康的に続けられるダイエット・ボディメイクがしたい方
  • 競技力向上したい方
  • 姿勢や歩き方が気になる方

これらの不調、お悩み解決いたします。
お気軽に体験お申込みください。