いい姿勢ってどんな姿勢?

ブログをご覧いただきありがとうございます。

静岡市駿河区のパーソナルトレーニングジム

I.S.C. labの杉山です。

いい姿勢と聞いて

みなさんはどんな姿勢を思い浮かべますか?

一般的には

耳、肩、大転子、膝、くるぶしの少し前

が一直線であることが

いい姿勢と言われています。

個人的にはいい姿勢というのはあまり重要ではない

と考えており、

その人が置かれている環境に適した姿勢であるか

が重要であると考えています。

特にスポーツ選手などは顕著で

一般的ないい姿勢よりも

そのスポーツに適した姿勢が重要となります。

例えばボクシング選手を見てみると

猫背で一般的に良くない姿勢の選手が

多くいます。

これは猫背である方が

パンチが出しやすくボクシングにおいては有利

になるので猫背の選手が多くいます。

つまり、ボクシング選手は一般的な姿勢よりも

猫背の方がいい姿勢といえる可能性があります。

こう考えると

必ずしもいい姿勢と言われている姿勢が

いいものとは限らず、

その人に適した姿勢があると考えられますよね。

何でもかんでも

世の中でいいと言われているものが

自分にもいいとは限りません。

自分に適した姿勢は何かを考えて

崩れている場合はそれに向けて

改善するための手段をチョイスしていきたいですね。

体験お申込み

  • 体の痛みや取れない疲れなど慢性的な不調がある方
  • 何をしても痩せずお悩みの方
  • 健康的に続けられるダイエット・ボディメイクがしたい方
  • 競技力向上したい方
  • 姿勢や歩き方が気になる方

これらの不調、お悩み解決いたします。
お気軽に体験お申込みください。