骨盤底筋を鍛える時のポイント②

ブログをご覧いただきありがとうございます。

静岡市駿河区のパーソナルトレーニングジム

I.S.C. labの杉山です。

骨盤底筋を鍛える時にざっくりと

・腹横筋、横隔膜(呼吸)との連動

・単独で動かせるか

・負荷の設定は適切か

と言った3つのポイントがありました。

今回は『単独で動かせるか』

について触れていこと思います。

骨盤底筋のトレーニングでよくみるのが

「仰向けでお尻をあげてぎゅっと締めましょう」

というものがあります。

しかし、このやり方だと

お尻の筋肉+骨盤底筋と

一つ一つをコントロールすることができていません。

1つずつコントロールができないということは

お尻の筋肉を動かす時でないと

骨盤底筋をうまく使えないということになります。

ですが、実際に骨盤底筋が働くときは

お尻の筋肉は働いていない場合も多くあるので

そのときに上手く働けないという状態に

なってしまいます…

また単独で動かせていないと

使えてるつもりになっているだけで

全く使えてないということもあります。

その場合トレーニング効果は皆無ですよね…

特に骨盤底筋は

腹筋やお尻の筋肉、背中の筋肉

を一緒に緊張させて使うパターンが

多くみられるので、

骨盤底筋のトレーニングをする際は

それらの筋肉をリラックスして

行うようにしましょう!

体験お申込み

  • 体の痛みや取れない疲れなど慢性的な不調がある方
  • 何をしても痩せずお悩みの方
  • 健康的に続けられるダイエット・ボディメイクがしたい方
  • 競技力向上したい方
  • 姿勢や歩き方が気になる方

これらの不調、お悩み解決いたします。
お気軽に体験お申込みください。