誤嚥防止には体幹機能も重要。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

静岡市駿河区のパーソナルトレーニングジム

I.S.C. labの杉山です。

食べ物をしっかり飲み込む

当たり前のことですが高齢になってくると

むせやすくなったりなど

嚥下(飲み込むこと)に問題を抱えることがあります。

嚥下に問題を抱えると

誤嚥してしまい、窒息や肺炎など

最悪の場合亡くなってしまう場合があります。

こうならないように

口唇機能の向上が大切とされ

あいうえお体操や舌の運動などが

良く紹介されています。

これらも当然大切ですが、

体幹機能も嚥下にはとても大切になります。

体幹筋が機能低下すると、

咽頭蓋(気道にふたをしてくれる)がうまく働かずに、

気道に食べたものが入ってしまいます。

最低でもまっすぐ座れる、まっすぐ立てる

程度の体幹筋群の機能は維持していたいです。

所謂、体幹トレーニングを頑張るというよりは

散やジョギングなどの簡易な運動や

どこにも寄りかからずにまっすぐ座って食事をするなどを

意識することが重要になってきます。

体験お申込み

  • 体の痛みや取れない疲れなど慢性的な不調がある方
  • 健康的に続けられるダイエット・ボディメイクがしたい方
  • 競技力向上したい方
  • 姿勢や歩き方が気になる方

これらの不調、お悩み解決いたします。
お気軽に体験お申込みください。