つまずきやすいのは筋力の問題じゃないかも!?

ブログをご覧いただきありがとうございます。

静岡市駿河区のパーソナルトレーニングジム

I.S.C. labの杉山です。

full length of man with arms raised

老後もしっかり歩けるように

転んで大腿骨を折って寝たきりにならないように

適度な運動をして、1日9000歩程度歩きましょうと

国も指針を出しています。

多くの方は上記のような状態にならないように

下半身の筋肉をつけなければと考えると思いますが

転倒しやすくなる原因は実は筋肉ではないこともあります。

昨日の記事で書きましたが

筋肉だけでなく五感+二覚が重要でした。

これらの感覚が衰えることにより

視野が狭くなり段差を認識できなかったり

バランスをすぐ崩したり

自分の体を上手に扱えなくなることで

転倒をしてしまうことが多くあります。

日常生活では、最大筋力の5%以下

歩行動作等においても下肢筋群は30%未満の筋活動量しか

示していないことが確かめられています。

つまり、日常動作では

半分も筋力は使われていないということです。

多少筋力が衰えたからと言って

歩けなくなったり、転倒してしまう可能性は

低いと言えます。

それよりも感覚が衰えることによる

視野の狭小化やバランス機能の低下、身体操作性の低下

のほうがリスクになると思いませんか?

昨日と重複しますが

筋力だけではなく様々な運動をして

感覚も鍛えていくことが大切です。

体験お申込み

  • 体の痛みや取れない疲れなど慢性的な不調がある方
  • 健康的に続けられるダイエット・ボディメイクがしたい方
  • 競技力向上したい方
  • 姿勢や歩き方が気になる方

これらの不調、お悩み解決いたします。
お気軽に体験お申込みください。