コレステロールは悪者ではない。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

静岡市駿河区のパーソナルトレーニングジム

I.S.C. labの杉山です。

eggs and feathers

“コレステロール“

健康診断の結果で最も注目されるであろう

項目の一つであり、よく悪者扱いされていますよね。

コレステロールは低ければ良いというわけではなく

むしろなくてはならないものです。

コレステロールは

・細胞膜の構成要素

・副腎皮質ホルモン(抗炎症作用)の原料

・性ホルモンの原料

・胆汁酸の原料(胆汁の原料:脂肪を消化吸収するために必須)

・ビタミンDの原料

とかなり重要な働きをしてくれています。

これだけ重要な働きをしてくれているので

体内でもコレステロールは作られています。

コレステロールがうまく作れていない、

つまり、検査結果でコレステロール値が低い

という方は危険な状態と言えます。

これだけ大切な役割があり、色んなところで使われているのに

なぜコレステロール値が上がってしまうのか。

その辺りはまた今度お話ししていきます。

体験お申込み

  • 体の痛みや取れない疲れなど慢性的な不調がある方
  • 健康的に続けられるダイエット・ボディメイクがしたい方
  • 競技力向上したい方
  • 姿勢や歩き方が気になる方

これらの不調、お悩み解決いたします。
お気軽に体験お申込みください。