天候の変化で不調が出る原因とは?

ブログをご覧いただきありがとうございます。

静岡市駿河区のパーソナルトレーニングジム

I.S.C. labの杉山です。

water rainy rain raindrops

天候の変化によって不調が出てしまう

または痛みなどの症状が強くなってしまう

このような症状のことを

『気象病、天気痛』

などと呼ばれています。

特に天候の変化によって

頭痛やだるさなどを感じる方は

多いのではないでしょうか。

天候の変化によって

不調が出るメカニズムとしては

①不快感、気圧の変化によつ身的ストレスに対応できない

②湿気により水分調節、不感蒸泄が減るストレスに対応できない

③湿気により腸内環境が変化

といったことが考えられます。

①、②では自律神経が関わっており

自律神経のバランスが崩れていたり、

自律神経を調節するための

エネルギー不足になっていると

気象病の症状が出やすくなってしまいます。

気象病はどうにもならないと

感じている方も多い印象ですが

メカニズムを知ると

栄養面や自律神経を整えることで

改善が見込めそうですよね。

改善のためのお話を始めると

長くなってしまうので今回かこの辺で。

またの機会にお話しします!

体験お申込み

  • 体の痛みや取れない疲れなど慢性的な不調がある方
  • 何をしても痩せずお悩みの方
  • 健康的に続けられるダイエット・ボディメイクがしたい方
  • 競技力向上したい方
  • 姿勢や歩き方が気になる方

これらの不調、お悩み解決いたします。
お気軽に体験お申込みください。