トレーニングも原理原則を知ることから。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

静岡市駿河区のパーソナルトレーニングジム

I.S.C. labの杉山です。

何事もがむしゃらにやっていても

なかなか結果は出てきません。

原理原則を知ることで

効率よく結果を出すことができます。

トレーニングも例外ではなく

原理原則があります。

トレーニングでは

3つの原理と5つの原則があります。

すべてを紹介していると長くなってしまうので

今回は3つの原理についてお話していきます。

(原則のほうがまたお時間がある時にでも)

3つの原理とは

・過負荷の原理

・特異性の原理

・可逆性の原理

です。

「過負荷の原理」とは

機能を向上するためには、現在の能力以上の負荷を与えなといけないというものです。

スクワットでいえば、

自重で余裕が出てきたら、重り(5キロなど)をもって行わないと

能力(筋量や筋力)は向上しないということです。

2つ目の「特異性の原理」とは

トレーニングの違いによって得られる効果は違う

というものです。

つまり、筋量を増やしたいなら

筋量を増やすためのトレーニングをしなければいけないですし、

持久力をつけたいなら、それに応じトレーニングをしなければいけません。

筋量を増やすためのトレーニングで

持久力をつけるのは難しいということですね。

3つ目の「可逆性の原理」とは

トレーニングやめてしまうと元の状態に戻ってしまう

というものです。

どれだけトレーニングを頑張って筋肉をつけても、

トレーニングをやめると筋肉が落ちて

元の状態になっていまうということです。

これら3つの原理は改めて聞くと

”当たり前じゃん!”

となるかもしれませんが

意外とこれに沿って出来ていないことがあります。

なかなかトレーニング効果がでない

と感じる時は

1度この原理を思い出して

何か抜けていないかを考えてみると

いいかもしれません。

体験お申込み

  • 体の痛みや取れない疲れなど慢性的な不調がある方
  • 健康的に続けられるダイエット・ボディメイクがしたい方
  • 競技力向上したい方
  • 姿勢や歩き方が気になる方

これらの不調、お悩み解決いたします。
お気軽に体験お申込みください。