低体温だと代謝が低下します

ブログをご覧いただきありがとうございます。

静岡市駿河区のパーソナルトレーニングジム

I.S.C. labの杉山です。

コロナ禍になり体温を測る機会が多くなりました。

37.5℃以上あるかどうかを気にすると思いますが

36℃以下の方も注意が必要です。

日本人の平均体温は36.89℃と言われています。

また日本人の約7割は36.6℃~37.2℃の間に入ります。

36℃以下の体温は

かなり低い方だということがわかりますよね。

この低体温(36℃以下)の原因の一つとして

甲状腺機能の低下が考えられます。

甲状腺は甲状腺ホルモンを分泌しており

このホルモンが

・3大栄養素の代謝(代謝に詳細については過去記事へ→代謝ってなに?

・熱産生による体温調節

・発育発達の促進

など生きていく上で欠かせない

様々な働きをしてくれます。

つまり、甲状腺低下することで

・代謝の低下

・体温調節がうまくできない(冷え性)

・発育発達が不十分になる

などの問題がでてきてしまいます。

低体温で

風邪ひきやすい・なかなか痩せない・疲れやすい

という方は、もしかしたら甲状腺機能が低下しているかもしれません。

体験お申込み

  • 体の痛みや取れない疲れなど慢性的な不調がある方
  • 健康的に続けられるダイエット・ボディメイクがしたい方
  • 競技力向上したい方
  • 姿勢や歩き方が気になる方

これらの不調、お悩み解決いたします。
お気軽に体験お申込みください。