視野狭くなってませんか?

ブログをご覧いただきありがとうございます。

静岡市駿河区のパーソナルトレーニングジム

I.S.C. labの杉山です。

person holding magnifying glass

先日の姿勢の記事の中でも出てきた視覚。

ここに問題を抱えると

・体の痛みやこり(特に首肩)

・眼精疲労

・姿勢の悪化

などなど様々な不調に繋がってしまいます。

そんな視覚ですが、

その中でも現代のライフワークでは

視野に問題を抱えるケースが多く見られます。

人間の視野は意外と広く

左右それぞれ100度ほどあると言われています。

つまり、耳のチョイ後ろまでは

視野の範囲があるということです。

ですが、実際にモノを明瞭に識別できるのは

1°〜2°程度と言われ、驚くほど狭いです。

(これを中心視野と呼びます)

また脳がモノの形や色をある程度識別できるのが

左右それぞれ30°ほどと言われています。

(これを有効視野と言います)

ではそれ以外の70°弱(周辺視野)はあまり重要ではないか

というとそうではなく、めちゃくちゃ重要になります。

周辺視野が狭くなっていくと

周囲の情報量が少なくなっていくので

咄嗟の状況に対応できなくなります。

(例えばモノがとんできたりなど)

そうなると、体は安心できないので

常に体を緊張させて咄嗟の状況に

備えようとします。

結果として、常に体は緊張してしまい

体のこりや痛みに、姿勢の悪化に繋がってしまいます。

現代のライフワークでは

スマホ・パソコンの使用時間が多く

周辺視野が狭くなっている方が多くいます。

遠くを眺める、自然の中に行くなど

デジタルデバイスから離れる時間を

作っていきたいですね。

体験お申込み

  • 体の痛みや取れない疲れなど慢性的な不調がある方
  • 何をしても痩せずお悩みの方
  • 健康的に続けられるダイエット・ボディメイクがしたい方
  • 競技力向上したい方
  • 姿勢や歩き方が気になる方

これらの不調、お悩み解決いたします。
お気軽に体験お申込みください。