月経痛のメカニズム

ブログをご覧いただきありがとうございます。

静岡市駿河区のパーソナルトレーニングジム

I.S.C. labの杉山です。

man falling carton boxes with negative words

昨日に引き続き月経痛について。

今回は月経痛のメカニズムについてお話ししていこうと思います。

月経痛は

・子宮内膜の剥離

・プロスタグランジン(痛みを感じる要因となる物質)の合成促進

・プロスタグランジンが子宮筋の収縮を促進(下腹部の痛み)

・プロスタグランジンが体循環に流入(頭痛や疲労感)

というようなメカニズムがあります。

※かなり簡潔です笑

このメカニズムを見ていると

プロスタグランジンの産生を抑えられれば

痛みは減りそうですよね。

昨日の記事にもありますが

月経痛やPMSの原因の一つに

エストロゲンやプロゲステロンの

過剰や不足がありました。

女性ホルモンの一つであるエストロゲンには

子宮内膜の増殖促進効果があります。

これがエストロゲン過剰により

子宮内膜が過度に増殖してしまうと

プロスタグランジンの産生刺激となり

月経痛がひどくなってしまいます。

月経痛の予防・改善には

エストロゲン過剰にならないような

食生活や運動習慣が大切ということですね。

体験お申込み

  • 体の痛みや取れない疲れなど慢性的な不調がある方
  • 健康的に続けられるダイエット・ボディメイクがしたい方
  • 競技力向上したい方
  • 姿勢や歩き方が気になる方

これらの不調、お悩み解決いたします。
お気軽に体験お申込みください。