断水を経験して得た教訓

ブログをご覧いただきありがとうございます。

静岡市駿河区のパーソナルトレーニングジム

I.S.C. labの杉山です。

close up photo of water drop

台風15号の影響で断水になって2日目。

生まれて初めて断水を経験して

日常のありがたみを感じつつ

被災する前にもっとこうしておけばよかったと

感じることが多くあります。

今回は需要があるかわかりませんが

断水から学んだ教訓を

お伝えしていこうかと思います。

まず断水した際には飲料水の確保が第一になります。

ペットボトルを探し回る旅に出るわけですが

ドラックストアやスーパーを回る際に

一緒に買っておいた方がいいがあります。

・飲料水用の入れ物(ポリタンクなど)

・紙コップや紙皿

・ラップ

・割り箸

・レンチンで食べれる食料品

・お茶などの飲み物

この辺りは買っておきたほうがいいです。

特にペットボトルの水に目が行きがちですが

給水車や断水していない地域から水がもらえる

と言う状況になっても

水を入れるタンクがなければ

もらえません。

現在はダイソーに300円ほどで10Lのタンクが売っているので

そちらを少し持っておくと良いかと思います。

※現在静岡市はポリタンクなどがなく、山梨まで買いに行く人がいるほどです。

食器類も普段のように使ってしまうと

洗えずに溜まってしまい不衛生で匂いもキツくなるので

割り箸や紙の食器類で捨てれるようにすると

とても便利です。

また、わかっている人も多いと思いますが

お風呂の水は台風などが来る前に貯めておきましょう。

今回の断水で一番水を使うと感じたのは

お風呂の次にトイレです。

1回流すのに4〜6Lくらい使うので

かなりの量を消費します。

汚い話ですが

排尿時は溜めておけばいいですが

流石に排便時に溜めておくのは匂いもきついので

流さなければなりません。

そんなトイレの水には

お風呂の溜めた水が使えるので

しっかりと自然災害前には

貯めておいた方がいいですね。

今のところ感じているのはこんなところでしょうか。

いつもニュースで大変そうだなと

ぶっちゃけ他人事に感じていたことを

実際に経験するとこんなにも大変なのかと

痛感しています。

ポリタンクなどはそこまで値段がするものではないので

もしもの時のために少し買い溜めておくのが

いいかもしれません。

体験お申込み

  • 体の痛みや取れない疲れなど慢性的な不調がある方
  • 何をしても痩せずお悩みの方
  • 健康的に続けられるダイエット・ボディメイクがしたい方
  • 競技力向上したい方
  • 姿勢や歩き方が気になる方

これらの不調、お悩み解決いたします。
お気軽に体験お申込みください。