ファスティングで不調を抱えることも

ブログをご覧いただきありがとうございます。

静岡市駿河区のパーソナルトレーニングジム

I.S.C. labの杉山です。

ここ数年でファスティングという言葉を

耳にする機会が増えてきました。

ファスティングをざっくり説明すると

一定期間、通常の固形の食事取らず

酵素ドリンクなどを摂ることで

胃腸を休めて腸内環境の改善など

デトックス効果を期待して行うものです。

人によっては意味合いが違ったりしますが

断食をおしゃれに英語で言い換えたものですね。

(実際にファスティングは断食の英訳になります)

このファスティングはやり方にもよりますが

短期的に行う場合は、上記のような

腸内環境の改善などのデトックス効果を

得られることもあります。

しかし、やればやるほどいいかというとそんなことはなく、

長期間になると胃腸の環境が悪化し

不調を抱えてしまう場合があります。

※ちなみにI.S.C.labでは基本的にはファスティングは取り入れていません。
(カンジダ除菌の際にはプチファスティングをすることがあります)

なぜ腸内環境が悪化し、不調を抱えてしまうのか。

それは、小腸内で体内に異物が入らないように

バリアの働きをしてくれているムチンが

善玉菌に食い荒らされてしまうからです。

善玉菌は皆様がイメージしている通り、

基本的には体にいい影響を与えてくれます。

しかし、長期間のファスティングなどにより

低食物繊維状態となり餌がなくなってしまうと

小腸内のバリアとして働いているムチンを

餌として食べ始めてしまい腸内環境は悪化、

結果として異物が体内に入り炎症が起こり

不調を抱えてしまいます。

薬でも体に良いとされる食品でも、運動でも

用法・用量を無視して過度になりすぎると

マイナスの影響を受けてしまいますよね。

ファスティングも例外ではなく、

用法・用量を守って

実践していかなければいけません。

まあ個人的にはファスティングにすぐ頼るのではなく

バランスの良い食事、適度な運動を続けることで

健康的な体を手に入れていってほしいですが...

体験お申込み

  • 体の痛みや取れない疲れなど慢性的な不調がある方
  • 何をしても痩せずお悩みの方
  • 健康的に続けられるダイエット・ボディメイクがしたい方
  • 競技力向上したい方
  • 姿勢や歩き方が気になる方

これらの不調、お悩み解決いたします。
お気軽に体験お申込みください。