睡眠の質が悪い原因とは?

ブログをご覧いただきありがとうございます。

静岡市駿河区のパーソナルトレーニングジム

I.S.C. labの杉山です。

photo of sleeping man

睡眠の質が悪いと

寝つきが悪い

夜中に起きてしまう

寝ても疲れが取れない

などの不調がでてきます。

これらの原因としては

・腸内環境の悪化

・血糖値のコントロール機能低下

・体の過緊張

・副腎疲労

などがあります。

以前に副腎疲労についてお話ししましたが

(詳しくはこちら→慢性疲労には副腎を元気にしよう! )

副腎疲労により血糖をコントロールするホルモンの分泌が低下します。

そうなると睡眠中に低血糖状態に陥り

目が覚めてしまいます。

また、体の緊張状態が強く

常に交感神経優位な方はリラックスすることができないので

常に興奮した状態で力んでいるので

起きた時に体がバキバキであったり

倦怠感などがあらわれます。

これらは、リラックスをするトレーニングをしたり

栄養状態を整えることが必要になってきます。

睡眠の質を良くするようなサプリに頼るのも一つの手ですが

それと同時に日頃の食生活や運動習慣を見直すのも大切です。

体験お申込み

  • 体の痛みや取れない疲れなど慢性的な不調がある方
  • 健康的に続けられるダイエット・ボディメイクがしたい方
  • 競技力向上したい方
  • 姿勢や歩き方が気になる方

これらの不調、お悩み解決いたします。
お気軽に体験お申込みください。